ワンダーコア 収納スペース

腹筋マシン「ワンダーコア」の日本一詳しい使用感レポート » 徹底検証してみました » ワンダーコアの収納性を徹底検証!(2)立てかける時の必要スペースは?
no

ワンダーコアの収納性を徹底検証!(2)立てかける時の必要スペースは?

LINEで送る
Pocket

では、実際によくあるケースとして、和室の隅に収納する場合を試してみます。

下記のようにシートを下にして置くと、畳の半畳サイズを大きくはみ出てしまいます。
これでは正直、かなり邪魔です。そこで立てかけてみます。

DSC06863

シート側を壁に立てかけます。ハンドルが邪魔で斜めになってしまいます。

DSC06864

今度は逆方向です。これもはみ出たところが邪魔です。

DSC06866

でも上から見ると、30センチの隙間があれば収納できるのが分かります。

今度は縦方向に立てかけます。ヘッドサポートを下にすると面積が小さい分、かなり不安定です。

DSC06868

でも横から見るとそれなりに隙間に入るくらいコンパクトにはなっています。

DSC06869

次はヘッドサポートを上にして立てかけます。今度は安定しています。

DSC06870

ただし、フレームの構造上、少し壁から離して立てかけないと安定しません。

DSC06871

でもこの状態が、何もない状態で壁に立てかけるならベストだと思ったので、収納サイズを測ってみました。

まず壁からの距離。38.5センチです。

DSC06873

次は横幅です。これはハンドルの長さそのもので、約55センチです。

DSC06874

最後は高さです。高さは115.5センチです。

DSC06875

結論

ベッドの下に収納する、もしくは家具と家具の隙間に収納するなら

高さは28.5センチ、横幅55.5センチ、長さ115.5センチのスペースが必要です。

何もない状態で壁に立てかけるなら、

壁から38.5センチ、横幅55センチ、高さ115.5センチのスペースが必要です。

しまう場所がないと、結局、邪魔だから押入れ行きになり、いつかは粗大ごみとして捨てることになります。買う前に「自分の家に収納できるのか?」きちんと確認しておきましょう

補足

見てください。逆に置いただけなんですが、すごく安定します。

DSC06876

床に接する部分だけ面積を必要としますが、それ以外は壁にくっついているので、あまり邪魔な感じがしません。

なにより、いちいちロックピンを抜かなくても、そのまま置くだけなので非常に楽です!

スペースに余裕があるなら、これが一番いいのでは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL