ツイスト レビュー

DSC06887

ツイストの使用感を本音レビュー

LINEで送る
Pocket

ツイストの使用感を初級編、中級編、上級編、応用編に分けて
解説していきます。

レベル別に使用感を本音レビュー

初級編

膝を折り曲げたまま左右に足を動かします。

 ⇒ 実演動画はこちら

初心者向けですが、初心者の方には
これでもけっこうキツいようです。

中級以上の方は楽すぎてあまり疲れないので
最初から中級編から始めましょう

中級編

膝を伸ばした状態で左右に動かします。

 ⇒ 実演動画はこちら

この中級編はどこに意識を向けるかで効くポイントが
変わるような気がします。

よくやりがちなのが、腕の力で動かそうとすること。
反動を立て直すのも腕だけでやろうとすると腕だけが疲れます

姿勢を正し、足は常に身体の正面を向くようにします。
その状態をキープしたまま、腕は最低限の力で動かします。

止まるときは腹筋に意識を向けて、どの筋肉に負荷が
かかっているのか気を向けることです。

そうすれば腹斜筋が疲れてくるのがはっきり分かります。

ただし、中級者以上になると、20回くらいなら楽々こなせると
思います。その場合は上級編や応用編を続けて行うように
するといいでしょう。

上級編

左右の端で止まったら、一度その場で膝を曲げて、また
伸ばしてからツイストするのを繰り返します。

 ⇒ 上級編の実演動画はこちら

意外とまどろっこしいので、途中で飽きてくるのですが、
足の滞空時間が長い分、腹斜筋だけでなく腹直筋にも
効いてきます。

左右10回ずつやればけっこう疲れてくると思います。
中級者から上級者向けの動きですね。

応用編

ツイストにタックの動きを取り入れた動きです。

 ⇒ 応用編の実演動画はこちら

ポイントはリズムカルに速く動かすことです。

10回を越えると相当効いてきます。最初は
10回から15回ぐらいを目標に始めるといいと思います。

ちなみにシオゾーの場合、ツイストは
中級編で10回やった後に上級編で10回、
最後は応用編で10回やってます。

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL